ブラックでも借りられる消費者金融 記録

債務整理などを行う事で消費者金融などからの信用を失う事になるのですが、信用を失った時点で信用情報機関という所に事故情報が記録されます。

ここには個人情報や消費者金融などの利用履歴が記録されているのですが、同時に金融事故者となれば事故記録も残る事となります。

事故記録は一度記録されるとしばらくの間は消えないので、その間はブラックとして過ごす必要があると言われています。

一生残るわけではないですが、状況によっては長い期間ブラックのまま過ごさなければなりません。

債務整理の場合だと5~10年はブラックだと言われているので、その間消費者金融の利用は困難だと思った方が良いでしょう。

ちなみに5~10年というのは借入からではなく取引終了(完済)からカウントされる事になるので注意して下さい。

時効成立すれば再び消費者金融の利用はできるようにあります。



時効が成立するまでは一切消費者金融などの利用はできないのかというと、実はそんな事はありません。

消費者金融の中にもブラックでも借りられる所はあるので、ブラックでも借りられる所を利用すれば借りられる可能性は十分にあると言われています。

実際にブラックでも消費者金融を利用している人は多いですし、どうしてもお金を借りる必要があるという人は対応している所で申込をしてみると良いでしょう。



ブラックでも借りられる消費者金融は闇金くらいだと思っていた人も多いかと思いますが、実は闇金ではなく正規業者にも存在しています。

正規業者なら法に基づいた貸付も行われますし、安心して利用できる所ばかりなので問題なく利用する事ができます。

ブラックに寛大で積極的に貸付を行ってくれる所も多いので、気になる所があれば申込をしてみる事をオススメします。



ブラックでも借りられる消費者金融だと言われているのは、中小の消費者金融になります。

事故歴があっても借りられる

中小消費者金融を紹介したサイトがあるので、申し込みをしてみると良いでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。